So-net無料ブログ作成

#電気に支配される人間でいいのか [学問]

#電気に支配される人間でいいのか

 人間社会にとって一番大事なものは,電気なのか人間なのか。というのも日本を含む先進国においては,電気があたかも人間の支配者であるかのようにふるまっているからである。
 電気という漢字は,「雷の素(原料)」という意味である。雷は電気作用であるから,うまい表現ではある。もともと,電気はelectricity 等の西欧語の翻訳語であり,琥珀を意味するギリシア語のēlectron に由来する。琥珀を摩擦すると静電気が発生することを発見した故事によるもので,そこからelectricity という言葉が生まれた。19世紀の後半,人間の知恵は電気の実用化に到達した。エジソンによる電球の発明やベルによる電話の発明は,その画期的な事例である。その後,電車,自動車,テレビジョン,電気炊飯器,電気冷蔵庫,電気掃除機,パーソナル・コンピュータ等,電気に頼る便利品が作られ,日常生活の中に浸透している。
 たしかに電気関連物は便利ではあるが,電気に頼るものである以上,電気の供給が止まると,たちまち機能しなくなる。人間は電車やエレベータの中に閉じ込められ,家では真っ暗な夜や,エアコンディショナー無しの暑苦しい生活を余儀なくされる。スーパーマーケットは閉まり,コンビニエンス・ストアはインコビニエント・ストアとなる。もっと深刻なのは,原子力発電所である。電気の供給が止まり,自家発電能力さえ奪われたとき,有毒な放射性物質を大量に放出し,広範な地域にわたり,人間,家畜,自然に深刻な被害をもたらした。
 現代人は電気に依存しすぎている。人間が電気に頼る快適な生活に慣れていくにつれて,しだいに電気がのし上がり,ついには人間の支配者になってしまった。「3.11」により電気が止まると,電車が止まり,携帯電話もつながらず,人間は右往左往した。もっと深刻なことは,日本列島全体が,原発事故のため水素爆発による壊滅の危機にさらされたということである。そうなると,もう人間は電気の奴隷であり,電気は人間の独裁者としか言いようがない。
 そもそも電気がなければ,文化や文明は成り立たないのであろうか? たとえば,人知の栄華を極めた古代ギリシャ文明。パルテノン神殿は電気無しに建造された。ソクラテスは電車に乗らず,テレビジョンや携帯電話をもたなかった。それでも,いや,それだからこそ人類最高の知者となった。彼は携帯電話などなくても,話したい人の所へみずから歩いて行き,対面の会話を楽しむことができた。
 電車が利用できない場合,歩くということはあたりまえのことだが,現代人は危機に直面してやっとその単純な真理を思い出す。むしろ,日常から,歩くことや対面の会話こそがあたりまえであり,電気への依存は最低限に抑えるというライフ・スタイルが必要ではないだろうか。私たちは,電気に支配される人間ではなく,電気を支配する人間であるべきである。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

#プルトニウム〜禁断の果実 [学問]

#プルトニウム〜禁断の果実
 『創世記』の禁断の果実の話は,昔話ではない.現代に生きる私たちに関係がある.プルトニウムは,この世で最も毒性の強い物質の一つである.体内に取り入れられるなら,プルトニウムが放射するα線によって恐ろしい内部被爆がおこる.地球ができた当初,大地はプルトニウムやその他の放射性物質でいっぱいだった.その後,気が遠くなるような年月の経過のなかで,プルトニウムは地球上から姿を隠した.言い換えると,神は人類が誕生し,生存する環境を整えた.神は人類がプルトニウムを取って食べ,破滅することがないように,それを禁断の果実と定めた.人類は誕生以来何10万年にもわたり,プルトニウムの存在を知らず,したがって,それに手を出すことをしなかった.
 しかしながら,それなりの科学知識をたくわえた人間たちは,近年になって,プルトニウムの存在を探し当てた.そして,1941年,その一族のプルトニウム239が核分裂をきわめて起こしやすい物質であることを知った.当時の状況には,戦争がすでに暗い影を落としていた.良識のある科学者たちは,この核物質が大量殺人爆弾製造につながりうることを認識していたので,プルトニウムの存在を長い間秘密にしてきた.しかし,科学者とよばれる人たちのなかには悪魔の誘惑に屈し,この禁断の果実に手を伸ばし,そこに潜む巨大なエネルギーを戦争へと解放しようとする者もいた.
 その時から文明のありようははなはだしい悪の方向に変化をとげ始めた.その結果が,ナガサキに投下されたプルトニウム原爆による,空前の大量殺戮であった.プルトニウムが「地獄の王の元素」とよばれるゆえんだ.プルトニウムという語は,「死者の国の王」を意味するプルートというラテン語に由来する.
 その後,原爆を使用した者たちは,何を考えてか,原子力の平和利用という美辞麗句のもと,原子力発電を開発した.この人たちの手にかかれば,「悪魔の元素」はたちまち「人類の夢をかなえる元素」に変化するかのようである.そこには,プルトニウムという禁断の果実を自由自在に制御し,支配できるという楽観がある.楽観などというのはまやかしだ.はっきりいえば,最大の無知であり最大の傲慢だ.それは必然的に悲惨な結果をもたらした.スリーマイル島,チェルノブイリ,フクシマの原発事故が顕著な例である. 
 そもそもプルトニウムは人類の手に負えるのか負えないのかを,抜本的に検討しなければならない.もし手に負えないのであれば,人間はいさぎよく手を引き,神の手にお返しすべきではないだろうか?
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

#イエスと親鸞 [学問]

 「私が来たのは,正しい人を招くためではなく,罪人を招くためである」(マタイ福音書 9章13節)
 この言葉にイエスの基本姿勢が表れている.人を差別しない,困っている人を助ける,ということである.イエスは,世間の除け者や嫌われ者に優しい眼差しを注いだ.
 親鸞もそういう人だった.「善人なをもて往生をとぐ,いわんや悪人をや」という言葉がその心の広さを表している.「悪人」とは仏教語であり,仏教を信じない人という意味である.仏教がよくわからない人でも,ただ「南無(namas)阿弥陀仏」と唱えさえすれば,極楽浄土の心境を得ることができる,というありがたい教えである.
 自分の話で恐縮だが,小学1年の時,担任の教師からいじめられた.彼女は教師になりたてだった.当時,母が入院しており,身の回りが整っていなかった.潔癖な先生から見れば,私は汚い生徒だった.両親の教育方針により,小学校に入るまで遊びほうけ,文字を書くことも絵を描くことも満足にできなかった.通信簿の図工は1だった.私たちは先生から「炭鉱のカラス」と呼ばれ,さげすまれた.これを聞き及んだ生徒のお母さんたちは腹を立て,抗議した.そういうこともあって,その先生は1年で担任を下ろされた.
 2年生の時,Y先生が臨時の担任となった.図画にコンプレックスをもつ私に先生は,優しい眼差しを注いでくれた.「三上くんらしい絵だ」といってくれた.放課後に私を残し,個人的に絵の指導をしてくれた.そのうち,デパートの展覧会に出品しようということになった.テーマは「ぼくの父」.共同浴場で入浴中の父を,先生の指導の下でせっせとかいた.結果は,金賞だった.Y先生は1年間の契約が切れ,よその学校に移られたが,私にとっては,イエスさまのような人である.
 「私が来たのは,正しい人を招くためではなく,罪人を招くためである」 この精神に少しでもあずかりたい.
https://www.cudworth1.com/?fbclid=IwAR3C-jb23_AM5Un6RKbAOdSptCoTjMhgf6974MH_HIrCHHucwN7w31U5uTg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。