So-net無料ブログ作成

#「鰯の頭も信心から」の平和的意味 [学問]

 『出エジプト記』20章1〜3節は,ヤハウェだけを神とせよという,ユダヤ教の基本的な神観を表明している.他の宗教の神々は拝んではならないということになる.ユダヤ教やキリスト教やイスラームの立場に身を置く人たちは,これを当たり前だと思うかもしれないが,多数の神々と共に生きてきた私たち日本人の多くにとっては,当たり前ではない.
 「鰯の頭も信心から」という諺は,昔,節分の夜に鰯の頭を柊の枝に刺して門口に飾っておくと,鰯の臭気が邪鬼を追い払うといわれていたことからできた言葉である.一般に「鰯の頭のようなつまらない物であっても,神棚にまつって信心すれば,有り難いと思うようになる」という意味に理解されている.しかし,これはあまり正確な理解ではない.実は,この諺には神道の立場からは深い意味が込められている.
 日本思想史研究者の石田 一良氏によると,「鰯の頭が直ちに神であるというのではなく,鰯の頭でも「神ののりしろ(=神がのり移るもの)」になる,信心を凝らして鰯の頭で神を祭ると,その鰯の頭に神が宿ってくる,そういう意味で鰯の頭を礼拝する」ということだという(『カミと日本文化──神道論序説』(ぺりかん社,1983年)160頁).つまり,鰯の頭でなくても,ネコでもイヌでもよい.しらみだらけの捨てネコに神が宿っていると信じるなら,そのネコが尊いものに見える.人間についていえば,ムスリムの中に神が宿っていると信じるなら,そのムスリムが尊いものに見える.仏教者の中に神が宿っていると信じるなら,その仏教者が尊いものに見える.無神論者の中に神が宿っていると信じるなら,その無神論者が尊いものに見える,ということである.
 この見方はガンディーの姿勢に通じる.彼はヒンズー教徒でありながら,キリスト教の神父と親友であり,ムスリムに対しても寛容だった.対立しあうムスリムとヒンドゥー教徒の間に立ち,彼は「私は,ヒンズー教徒で,ムスリムで,キリスト教徒である」と叫んだ.
 「鰯の頭も信心から」という諺は,神道の観点からは,実は,寛容と平和の精神を豊かに湛えた文言なのである.
yjimage.jpeg
yjimage-1.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

#イエスと地蔵菩薩 [学問]

#イエスと地蔵菩薩
 一人息子に先立たれた母親,その底知れぬ悲しみをだれが慰めることができるか?
ルカ福音書 7章11〜12節によると,答えは,イエスという男性だということになるが,どうもピントこない.しかし,もしイエスという人は,お地蔵さんのような人だといわれるなら,少しはわかる.お地蔵さんとは,地蔵菩薩のことだ.地蔵菩薩は,あの「賽の河原」の仏教説話と関係がある.
 親に先立って亡くなった小さい子どもが,この河原で母親や父親をいとおしみ,小石を積んで塔を作ろうとするが,石を積むとすぐに鬼がきてこわしてしまう.この説話は昔から「地蔵和讃」として庶民のあいだで歌い伝えられてきた.「お母さん,お母さん」と泣き叫ぶ幼子を鬼は容赦なくいじめ続ける.この苦しみをどうしたらいいのだろう.「地蔵和讃」は次のようにいう.

 地蔵菩薩にまさるものはない.
 遥か谷間の彼方から 光り輝き尊いことに 幼子の前にお立ちくださり いわれた
 もう泣かなくてもいいよ 幼子たちよ 
 おまえたちは短いいのちで 冥土の旅にきた
 生ける者の国は冥土から遠く離れている
 わたしを冥土の父母と思って過ごし 頼りなさい
 こういって 幼子を着物の裾の中にかき入れ
 まだ歩けない幼子を手に持つ杖の柄に取りつかせ
 慈しみに満ちた胸に抱きかかえて撫でさすり
 憐れみたまう なんとありがたいことか
 子どもに先立たれて悲しければ 西に向かって手を合わし祈りなさい
 残された私のいのちが終わるときには 子どもと一緒に天国に導いてください
 地蔵菩薩さま 朝に夕に仏壇に念仏を称えなさい 南無阿弥陀仏と

 「南無」はインドの言葉のnamasに由来し,「おまかせします」という意味.
 南無妙法蓮華経でもいいし,イエス・キリストさまでもいい.

pasted-image-0-8-6.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

# “人生には理由も意味もない”のか [学問]

# “人生には理由も意味もない”のか

 ヨブは,災害で10人の子どもを喪い,全身を皮膚病に冒され,妻からも見放された.絶望の中にいる彼を,三人の友人が訪れ,偉そうに説教したときの,ヨブの応答が,「自分の生が厭わしい.いつまでも生きていたくない.わたしにかまうな.わたしの日々は一息の間である」(ヨブ記 7章16節).かわいい子どもたちがもういない日々,病気の苦しみが延々と続く日々,もはや妻の支えがなくなってしまった日々,それはまさしく一息の間,空しさ,無意味であるといえる.
 この限界を超えた状況に関するかぎり,ヨブの最大の理解者は,もしかしたら神を信じる人ではなく,神を信じない人かもしれない.サマセット・モームは『サミング・アップ』の中で,神の存在と来世の可能性を信じない立場を取りあげ,次のように述べている.

 もし死がすべてを終わりにするのなら,また,もし善を望み悪を恐れる必要がなければ,何のために自分がこの世にいるのか,そうした状況でどのように身を処すべきか,しっかり考えなくてはならない.こういう質問の一つに対する答えは明らかであるが,不快なものなので大抵の人は直面するのを避ける.人生には理由などなく,人生には意味などない.これが答えである.

 「人生には理由などなく,人生には意味などない」 なるほどそうである.これは強い人の考えだ.ヒューマニズムの考えである.しかし,私はこの考えに徹することができるほど強くない.どんなに神に見放されたとしても,やはり神に希望をかけたい. 
 これに関連して,今は亡き母から聞いた話をご紹介したい.あるとき幼児の私は水疱瘡にかかった.発熱と発疹と水疱のため,私は日夜苦しみ,看病する母もとことん疲れ果てた.夜中に,全身膿まみれの私が,泣きながら「母ちゃん,おっぱい」とせがんだとき,さすがの母もひるんだ.私は何度も泣きながら「母ちゃん,おっぱい」とせがんだ.最期に母は,膿まみれの私を受け入れ,授乳したという.
 赤ちゃんがアンアンと泣いて,母親を求めるように,私は,これからどんなことがあっても,神にしがみついていくしか生きるすべをもたない.
https://www.cudworth1.com/?fbclid=IwAR3C-jb23_AM5Un6RKbAOdSptCoTjMhgf6974MH_HIrCHHucwN7w31U5uTg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

#慈(maitrī)と悲(karuṇā) [学問]

#慈(maitrī)と悲(karuṇā)
 互いに重荷を担う(ガラテヤ書 6章2節)とは何をすることかと考えた.映画『レ・ミゼラブル』で,市長になったジャン・バルジャンが,重い荷車の下敷きになって苦しむ男性を目の当たりにする場面がある.ジャンはなりふりかまわず荷車に直進し,それを持ち上げ,男性を助け出した.それが互いに重荷を担うということであり,「キリストの律法」,すなわちキリストの精神に基づく行動なのだと思う.
 翻って,仏教の観点からは「慈悲」という概念を思い起こす.一般に,「いつくしみ,あわれむ心.また,情け深いこと」という意味だ.「慈悲を乞う」「慈悲を垂れる」「お慈悲でございますから(カンニングを)お見逃しください」などという使い方をする.本来,「慈」と「悲」は別の言葉で,両方とも仏教用語だ.「慈」はサンスクリット語の maitrī の訳で,南方アジアの上座部仏教では,「(同胞に)利益と安楽をもたらそうと望むこと」だ.この場合,「同胞」とは生きとし生けるものすべてを含む.「悲」はサンスクリット語の karuṇā の訳で,やはり上座部仏教では,「(同胞から)不利益と苦とを除去しようと欲すること」である.漢字の「悲」は,本来,「胸が裂けるようなせつない感じのこと」だ.中国の六朝時代には,悲という漢字が哀れみという意味に使用されている.このような慈と悲の考え方は,チベット,中国,日本に伝わった大乗仏教にも継承されている.慈悲とは,要するに,苦しんでいる人をかわいそうだと思うだけではなく,その人の苦しみを取り除いて,楽にしてあげようとする必死の行動を意味する.
 韓国の東亜日報は2014年4月17日付けで,「生徒らを先に助けようとした女性乗組員が遺体で発見 旅客船沈没事故」というニュースを伝えた.乗組員のパク・ジヨンさん(23歳,女性)は,船が激しく傾いていた状況の中,生徒らが身につける救命胴衣を探しに,船室のいたるところを歩き回った.救命胴衣を確保してきたパク氏は,生徒らに次々と着せた.パク氏は,恐怖のため涙を流している生徒らに,「安心してね,私たちは皆,救助されるはずだから」と慰めた.沈没直前の状況が迫ると,パク氏は生徒らに,「早く海に飛び込みなさい」と叫んだ.海に向け脱出した生徒らは,救助された.しかし,その後,パク氏は遺体となって見つかった,という.この美談が,他の乗組員の無責任で利己的な行動を覆い隠すようなことがあってはならないが,他者のために命をささげることは,慈悲の究極であろう.
500px-Maitreya_Koryuji.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

#キリスト者と菩薩の共通点 [学問]

#キリスト者と菩薩の共通点
 キリストに見られる利他的な心(フィリピの信徒への手紙 2章4節)は,日本の仏教文化のなかで育った私には「菩薩」を思い起こさせる.観音菩薩,弥勒菩薩,文殊菩薩,普賢菩薩,日光菩薩,地蔵菩薩などがある.菩薩とは,サンスクリット語の「ボーディサットヴァ」(bōdhi sattva)が訛ったもの.ボーディ(菩提)とは悟りのことで,あらゆる欠点がなくなり,あらゆる美徳を備えた状態を意味する.サットヴァ(菩埵,サッタ)とは,勇気と自信をもち,生きとし生けるもののために悟りを得ようと励む人のことをいう.つまり,菩薩とは,生きとし生けるものの究極の利益のために悟りを得ようという,自発的で真摯な願いをもった人々のことをいう.菩薩は,智慧によって心を悟りに向け,慈悲によって生命あるものを気にかける.他者の利益のために完全な悟りを得たいというこの願いは,菩提心と呼ばれる.


 完全な悟りを得た人が,ブッダとしての釈尊である.釈尊は,最初から悟りを得ていたわけではない.悟りを得るためにすさまじい努力をした.釈尊の前世物語(ジャータカ)によると,釈尊の前世の一つは,マハーサットヴァ(偉大な菩薩)という名の王子だった.あるとき,マハーサットヴァは,林の奥で飢えた母親の虎と7匹の子どもの虎を見た.子どもたちはやせ細っており,まさに命が絶えようとしていた.やさしい心をもったマハーサットヴァは,虎たちの前に身を捧げた.しかし,虎たちは王子の大きなあわれみに感じて,とうてい彼を食べることができなかった.そこでマハーサットヴァは,乾いた竹で自分の頚を刺して,身体を高い山のうえから虎たちに投げ出した.虎たちは涙を流しながら王子の身体を食べた.釈尊は,生まれ変わってからも,努力を重ねた.何度生まれ変わっても,あきらめることなく悟りを得る努力を継続した.その結果,ついに悟りを得た.すなわち,ブッダに到達した.
 ブッダになるまえの段階が,菩薩である.いきなりブッダになることは不可能だが,だれであれ菩薩として善い生き方を積み重ねていくなら,ブッダになることができるという希望がある.
 フィリピの信徒への手紙 2章4節も,同じ方向を指さしているように思われる.私は偉大なキリストになることはできないが,キリストを模範として,一人の小さなキリストになりたいという願いをもつことはゆるされるであろう.
blog_20150914-163406-2df.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

#わたしは社交的な人間ではない(S. モーム) [学問]

#わたしは社交的な人間ではない(S. モーム)

 モーム(1874-1965)は,自分の性格を以下のように述べている.

 わたしは社交的な人間ではない.酔っ払えないし,人間に強い愛情も感じることができない.陽気な楽しみには,つねにいささか退屈させられる.人が酒場で,あるいはボートに乗って河を下ったりしながら,歌い出すとき,わたしは黙っている.わたしは讃美歌すら歌ったことがない」(『サミング・アップ』).

 モームの非社交的な性格は,その生い立ちと密接な関係があると思われる.イギリス人の両親から生まれたが,父親がパリのイギリス大使館顧問弁護士であったため,パリに生まれ育った.しかし8歳の時,大好きな母親を肺結核で亡くなくし,10歳の時,父親を癌で亡くした.イギリスのケント州で牧師をしていた叔父に引き取られたが,叔父の宗教的厳格さに10歳のモームはなじむことができなかった.13歳でカンテベリーにある名門のキングス・スクールという寄宿学校に入れられるが,フランス語で育ったため英語がうまくしゃべれず,加えて吃音だったため激しいいじめに会い,生涯のトラウマとなった.
 だれからも愛されていないという孤独感が,モームを読書三昧の生活に向かわせたが,それによって内省力と人間観察の知識が深まっていった.叔父はモームをケンブリッジ大学にやり牧師にさせたかったが,「私は吃音なのだから,これほど不適当な職業はありません」と断ると,あっさり受け入れられた.それなら何になったらよいかが,いろいろと詮索されたあげく,医者になることが決められた.
 モームは医者という職業に興味は持てなかったが,お陰で叔父のもとを離れてロンドンで一人暮らしをする機会が得られた.医学の勉強そっちのけで,たくさんの本を読むことや戯曲や小説を書くことに大部分の時間を費やすことができた.こうしてモームの内省力と人間観察の知識がいよいよ深まっていった.
 彼にとってよかったことは,医学実習のために貧民地区に入っていく機会を得たことである.彼は「ここで私は自分に最も不足していたもの,つまり生の人生との接触ができた」と述べている.彼は自分の目で見たことを刻銘にノートに書きつけた.こうした病苦の現実に対する生の経験をもとに,彼は人間通の作家として成長していき,『月と六ペンス』や『人間の絆』といった名作が生まれたのである.非社交的であることは,必ずしも悪いことではない.
81O49mPjHGL._AC_UL872_QL65_.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

#盲導犬や白杖を見かけたら [学問]

「盲導犬や白杖を見かけたら」

 盲導犬を連れた人や白杖をもつ人が,駅のホームから転落する事故が後を絶たない.転落経験者は増加傾向にあるという.点字ブロックはあるがホームドアがない駅はまだまだ多くある.「東京視覚障害者協会」によると,駅のホームから転落して電車にはねられるなどして死亡あるいは重傷を負った視覚障害者は,1994年〜2016年まで,全国で47人(うち死亡は22人)いるという.
 私の知人(男性)は生まれてまもない頃,失明した.見えない世界には慣れているものの,何度かホークから転落したことがあるそうだ.「白い杖をもつ人を見かけたら,どうすればいいですか?」と聞いたところ,「声をかけてくれるのが一番です」とのことだった.「こんにちは,お手伝いしましょうか?」「ご一緒しましょうか?」と言えばよいそうだ.
 視力障害をもつある女性は,外出することは命がけだといった.ホームや横断歩道の危険だけではなく.女性の場合は,人間の危険もある.親切そうに誘導を申し出た男に,ひどい目にあった.わたしは女性の視覚障害者に声をかけるのを,少しためらう.女性には女性が積極的に声をかけてくださるようにお願いしたい.
 日本の社会はどれくらい視覚障害者への配慮をもっているだろうか? 白線をひいただけの狭い歩道,歩道をわがもの顔で走る自転車,歩道に乗り上げて駐車する自動車,駅前の点字ブロックをふさぐ自転車など,まだまだ配慮が足りない.
 個人的な声かけと並んで,自分にできる範囲でいいから,社会的働きかけをすることも必要だと思う.30代で失明した,いわゆる中途失明の男性と知り合ってから,よく外出に同伴した.「何か困ったことはありませんか」と聞いたところ,「駅に行く途中の歩道に,二箇所ほど電柱が立っていて,よくぶつかります」とのこと.行ってみると,歩道のまん中に電柱が立っていた.二人で市役所の環境課に行き,事情を話し改善を求めた.とても丁寧な対応で,ただちに電柱を移動してくれた.
 白杖を見かけたら,「よいサマリア人」(ルカ福音書 10章21-21節)として声をかけ続けたい.
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

#「盲亀浮木」の仏教寓話とヨハネ福音書9章1節 [学問]

「盲亀浮木」の仏教寓話とヨハネ福音書9章1節

 「イエスは通りすがりに,生まれつき目の見えない人を見つめ
  た」(私訳.ヨハネ福音書9章1節).

 「生まれつき目の見えない人」とは,他でもなく私自身のことである.私は大学1年の春,イエスとの出会いを得たが,その出会いの本質は,「イエスが私を見つめた」ということである.出会いは「出でて会う」の意味であるが,イエスのほうから出でて私に会ってくれたのである.まことに有り難い.
 「有り難い」といえば,「盲亀浮木(もうきふぼく)」の仏教寓話を思い出す,海の底に,目の見えない亀がおり,100年に1度,海面に顔を出すという.海には1本の丸太棒が浮いており,その真ん中には小さな穴がある. 丸太棒は波のまにまに漂っている. 釈尊(しゃくそん)は弟子のアーナンダに問うた.「100年に1度浮かびあがるその目の見えない亀が,浮かび上がった拍子に丸太棒の穴にひょいっと頭を入れることが有ると思うか」 アーナンダは驚いて「そんなことはとても考えられません」と答えた. 「絶対にない,と言い切れるか」釈尊が念を押すと,「何億年×何億年,何兆年×何兆年の間には,ひょっと頭を入れることがあるかもしれませんが, ない,といってもよいくらい難しいことです」 とアーナンダは答えた.これに対して釈尊は言った.「ところが,私たちが人間に生まれることは,その亀が丸太棒の穴に首を入れることが有るよりも, 難しいことなのだ.有難いことなのだ」 (雑阿含経16)
 「目の見えない亀」とは私のことである.今,私が札幌市民の一人であることは,有り難いことである.拙宅の「聖書・古典講読会」,朝日カルチャーセンター(札幌),北星オープンユニバーシティで,新しい出会いにあずかることも,有り難いことである.「有り難し」から「ありがとう」が派生したというが,私に出会ってくださるすべての人たちに,心からありがとうございますと言いたい.
nice!(1)  コメント(0) 

#キリスト教的神学の土台としての,西洋古典語による原典講読 [学問]

#キリスト教的神学の土台としての,西洋古典語による原典講読
 今日は,北星学園大学のチャペル・タイムで,西洋古典語による原典講読の重要性について,以下のお話をしました.ご笑覧ください.

2019年7月2日(火) 北星学園大学チャペル
題目   「ゆっくりと急げ festīnā lentē!」
聖書   ルカによる福音書 14章31節
讃美歌  21−495番「しずけき祈りの」

 今読んだ言葉の最良の注釈は,「festīnā lentē! ゆっくりと急げ」ではないかと思う.この格言は,そもそも,スエトニウス(Gaius Suetonius Tranquillus, 70頃 - 140頃)の『ローマ皇帝伝』にまで,さかのぼる.それによると,「ゆっくりと急げ」は,皇帝アウグストゥス(Gaius Julius Caesar Octavianus Augustus, 前63-後14)のお気に入りの言葉であった.ただしラテン語ではなく,ギリシア語で Speude bradeōsとなっている.その意味は,拙速の戒め,慎重の勧めといえる.
 その後,ローマ時代の著作家アウルス・ゲッリウス(Aulus Gellius, 125頃 - 180以降)は,その著作『アッティカの夜』において,Speude bradeōsについて解説を加え,「これは,たゆまぬ努力による速さと,慎重さゆえのゆっくりとを同時にもてということであり,この二つの相反する要求をきちんと満たし得たとき,人間は成熟したことになる」と言っている.
 だれがギリシア語をラテン語に訳したかは不明であるが,近世初期のキリスト教人文主義者エラスムス(Desiderius Erasmus Roterodamus, 1466- 1536年)は,その著作『アダギア(格言集)』において,Festīnā lentēについて長々と述べている.とどのつまり,この格言は三つの場合に有用であると説く.
 (1)「人に忠告を与えるときには,まず熟慮せよ.そして熟慮ののちは,速やかに実行せよ」という教えとして,
 (2)「理性によって感情を制御すべきである」という教えとして,
 (3)「せっかちの戒め」として.
 「ゆっくり急げ」という言葉は,さまざまな状況に適用することができるだろう.自分の例で恐縮だが,世間の仕事を退職したあと,現在,閑暇(ギリシャ語:スコレー,ラテン語:オーティウム)を,西洋古典語による原典講読に用いることができる幸せにあずかっている.以下の次第である.
 日曜日 ヘブライ語聖書原典講読.毎月1回.
 月曜日 プラトン『ソクラテスの弁明』ギリシャ語原典講読,およびエラスムス『アンティバルバリ(無教養な人たちに反対する者たち』).毎月2回.
 水曜日 ニュッサのグレゴリウス『善き行為について』ギリシャ語原典講読.毎週.
 木曜日 ペトラルカ『秘密』ラテン語原典講読.毎月1回.
 金曜日 キケロ『老年について』ラテン語原典講読.毎月2回.
 日本語訳ならウサギのようにピョンピョン進むであろうところを,カメのようにのろのろと進んでいる.参加者のことばを紹介しよう.「今回も,重い足取りでやって来ました」.「ラテン語のたった一つの単語の意味を考えるのに,1時間もかかり,大変です」.「プラトンのギリシャ語は,どれくらいやれば,わかるようになるのでしょうか」.他でもなく私自身も,毎回,悪戦苦闘の準備を経て講読会にのぞんでいる.とはいえ,私たちは,けっこう楽しんでいる.
 西洋古典語による原典講読は,知識を得るという利益だけではなく,知識に至る苦楽の過程を通じて学問的な基本姿勢が養われていくという,何にも代えがたい宝ものを提供してくれる.それを考えると,新幹線的急進よりは各駅停車的鈍行のほうがいい.できれば歩行的一歩一歩の前進がもっといい.
 「てきぱきと」「さっさと」とは,せわしい日本人の口癖であるが,日本におけるキリスト教神学の営みにも,そのような傾向が見られる.西洋古典語による原典講読の,一歩一歩着実に踏みしめていく,地道な努力の積み重ねによる堅固な土台なしに,それを飛び越えて,いきなり軽率に神学なるものを構築しようとする拙速が,相も変わらず横行している.まさに「砂上の楼閣」である.そういうことをしていると,やがて破綻が生じる.
 キリスト教神学の営みにおいて,今なによりも一番重要なことは,西洋古典語による原典講読の地道な継続による土台固めである.急ぐのであれば,ゆっくり急がなければならない.アウルス・ゲッリウスの「たゆまぬ努力による速さと,慎重さゆえのゆっくりとを同時にもて」という勧めと,エラスムスの「せっかちの戒め」としての,festīnā lentē! を心にとどめたい.
 祈り
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。