So-net無料ブログ作成

#慈(maitrī)と悲(karuṇā) [学問]

#慈(maitrī)と悲(karuṇā)
 互いに重荷を担う(ガラテヤ書 6章2節)とは何をすることかと考えた.映画『レ・ミゼラブル』で,市長になったジャン・バルジャンが,重い荷車の下敷きになって苦しむ男性を目の当たりにする場面がある.ジャンはなりふりかまわず荷車に直進し,それを持ち上げ,男性を助け出した.それが互いに重荷を担うということであり,「キリストの律法」,すなわちキリストの精神に基づく行動なのだと思う.
 翻って,仏教の観点からは「慈悲」という概念を思い起こす.一般に,「いつくしみ,あわれむ心.また,情け深いこと」という意味だ.「慈悲を乞う」「慈悲を垂れる」「お慈悲でございますから(カンニングを)お見逃しください」などという使い方をする.本来,「慈」と「悲」は別の言葉で,両方とも仏教用語だ.「慈」はサンスクリット語の maitrī の訳で,南方アジアの上座部仏教では,「(同胞に)利益と安楽をもたらそうと望むこと」だ.この場合,「同胞」とは生きとし生けるものすべてを含む.「悲」はサンスクリット語の karuṇā の訳で,やはり上座部仏教では,「(同胞から)不利益と苦とを除去しようと欲すること」である.漢字の「悲」は,本来,「胸が裂けるようなせつない感じのこと」だ.中国の六朝時代には,悲という漢字が哀れみという意味に使用されている.このような慈と悲の考え方は,チベット,中国,日本に伝わった大乗仏教にも継承されている.慈悲とは,要するに,苦しんでいる人をかわいそうだと思うだけではなく,その人の苦しみを取り除いて,楽にしてあげようとする必死の行動を意味する.
 韓国の東亜日報は2014年4月17日付けで,「生徒らを先に助けようとした女性乗組員が遺体で発見 旅客船沈没事故」というニュースを伝えた.乗組員のパク・ジヨンさん(23歳,女性)は,船が激しく傾いていた状況の中,生徒らが身につける救命胴衣を探しに,船室のいたるところを歩き回った.救命胴衣を確保してきたパク氏は,生徒らに次々と着せた.パク氏は,恐怖のため涙を流している生徒らに,「安心してね,私たちは皆,救助されるはずだから」と慰めた.沈没直前の状況が迫ると,パク氏は生徒らに,「早く海に飛び込みなさい」と叫んだ.海に向け脱出した生徒らは,救助された.しかし,その後,パク氏は遺体となって見つかった,という.この美談が,他の乗組員の無責任で利己的な行動を覆い隠すようなことがあってはならないが,他者のために命をささげることは,慈悲の究極であろう.
500px-Maitreya_Koryuji.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。